MENU

流産手術後に妊娠しやすいて本当なの!?

『流産手術後は妊娠しやすい』という話は良く耳にしますよね。でも、実際のところ、本当に妊娠しやすくなるのでしょうか? 流産手術を行ったことで、却って妊娠しづらくなるという心配はないのでしょうか。詳しく見ていきたいと思います。

 

流産の手術とは?

流産の手術とは、特殊な器具を使って、子宮の内容物をきれいにする処置のことを指します。手術といってもメスでお腹を切るわけではなく、大抵の場合は日帰りで受けることができます。
子宮の中で胎児の心拍が止まってしまった場合、それをそのままにしておくと、母体に悪影響が出てしまいます。そのため、妊娠の継続が不可逆的に不可能と判断された場合は、胎児やその付属物を子宮外に出してやる必要があります。そのような際に行われるのが、流産の手術なのです。

 

流産の手術後は妊娠しやすい?

流産の手術後は妊娠しやすくなるという説もありますが、結論としては、医学的には「妊娠しやすくなる」と言い切ることはできないようです。むしろ、流産そのものや、流産手術によって子宮の内膜が薄くなるため、その状態が回復するまでは妊娠しにくくなるという説もあります。
元々子宮内膜ポリープなどがあり、そのせいで妊娠しづらくなっていた場合は、ポリープを除去することで妊娠しやすくなる場合はあります。流産の手術後は妊娠しやすくなるという説もそこから派生した話なのかもしれませんが、ポリープの除去手術と流産手術は分けて考える必要があるかと思います。
先にも挙げたように、流産の手術は、子宮の内膜が薄くなるなど体にダメージを与えます。そんな時に、体がまだ十分に回復していないにも関わらず次の妊娠をしてしまうと、再び流産になるリスクがあるだけでなく、不妊の原因になるようなトラブルを引き起こす可能性もあるため注意が必要です。

 

流産後の妊活の注意点

子供が欲しい人からしてみれば、流産後はすぐにでも妊活を再開したいと思ってしまうかもしれませんが、自分の体のためにも一定期間はしっかりと休養を取り、十分な回復を待って次の妊娠にチャレンジするようにしましょう。
一般的には、流産をしてから2回生理が来たら、妊活を再開しても大丈夫といわれています。2回生理が来るということは、ホルモンバランスや卵巣・子宮の状態が回復してきているという証明になるからです。
2回生理が来て、基礎体温が安定しているようであれば、妊活を再開し、次の妊娠へのチャレンジを始めても良いでしょう。ただし、体の回復の仕方は人それぞれなので、2回生理が来たけれどなんとなくまだ不調だな、という場合は、無理をせずに落ち着いて次の周期を待つことも大切です。

 

流産や妊活の正しい知識を身につけることは、自分や赤ちゃんの健康を守ることにもつながるのです。