MENU

流産手術後に妊娠しやすいて本当なの!?

流産手術後は子宮の中がキレイになるので妊娠しやすくなるともいいますが、本当なのでしょうか?流産手術後の妊娠率について、実際のところはどうなのか、専門家の意見も踏まえつつ、詳しく調べてみたいと思います。

 

流産とは、何らかの原因によって、妊娠22週以内に赤ちゃんの心拍が止まってしまったり、子宮の外に出てしまったりすることを言います。妊娠22週以降に赤ちゃんの成長が止まってしまう場合は死産と呼びます。妊娠12週未満の超初期流産の場合、原因の多くは染色体異常によるものとされています。精子や卵子に染色体の異常があり、受精卵の細胞分裂が上手く進まないことで流産となってしまうパターンです。一方、妊娠12週以降の流産は、子宮口がゆるい・子宮内で胎児が病原体に感染した・子宮の形に奇形があるなどの器質的な理由で起こるケースも多いとされています。

 

流産手術とは?

子宮の中で赤ちゃんの成長や心拍が止まってしまい、妊娠の継続が難しくなった状態を流産といいます。超初期の流産の場合は、子宮の内容物が自然と排出されて手術をせずに済む場合もありますが、ある程度子宮内で成長していた場合は、手術によって胎児や胎盤などを外に出さなければなりません。手術といってもメスでお腹を切るわけではなく、子宮内に特殊な器具を挿入して、内容物を吸引したり、掻き出したりする処置を行います。大抵の場合は日帰りで処置を受けることが可能です。

 

流産手術後は妊娠しやすいの?

前述したように、流産手術後は子宮の中がキレイになるので妊娠しやすくなるという説もありますが、反対に流産や流産手術によって子宮内膜が薄くなるため妊娠しづらくなるという意見も存在します。少なくとも流産は母体にそれなりのダメージを与えるため、流産後は一定の期間、体を休める必要があるというのが、産婦人科に携わる医療者の中では一般的な見解とされています。流産をしてしまった後、すぐにでも妊活を再開したいと考える人もいますが、子宮が元の状態に戻るまではしっかり休養を取ることも妊活の一つだと考えるようにしましょう。

 

流産手術後の安静期間はどれくらい?

流産手術後は、最低でも月経が2回来るまでは、妊活の再開は控えた方が良いでしょう。正常な周期の月経が2回来たら、体が十分に回復したとみなして、妊活の再開にOKを出す医師が多いようです。月経が再開するまでの期間や、安定するタイミングは人によって異なるため、具体的な妊活の再開時期は、かかりつけの医師と相談をするようにしましょう。また、月経が2回来たからといって、心の回復が追いついていなかったり、まだまだ体調が安定しなかったりする場合は、妊活再開の時期をもう少し待ってみるのも一つの選択だと思います。

 

流産手術後に気をつけることは?

自分ではすっかり回復したと思っていても、体や心に表に現れないダメージが残っている場合があります。流産手術後は、体も心もダメージを受けた後である、ということを忘れずに、くれぐれも無理をしないように心がけていただければと思います。また、次の妊娠のためにも、ある程度体調が回復してきたら、基礎体温をつけておくことをお勧めします。基礎体温をつけておくと、月経周期が安定してきたかどうか・排卵がちゃんとされているか、などを客観的なデータとして確認することができます。医師にとっても大事なデータとなりますので、基礎体温の計測は習慣づけておくと良いでしょう。

 

 

流産手術後は入院が必要?

流産の手術をした後は、入院が必要になるのでしょうか?また、流産の手術はどのような流れで進むのでしょう。初めてのことばかりで不安に思う人も多い、流産の手術。その内容について詳しく見ていきたいと思います。

 

流産の手術について

子宮の中で胎児の成長が止まってしまった場合は、胎児やその付属物を子宮の外に出す処置が必要となります。残酷なようですが、それらのものを子宮の中に残しておくと母体に悪影響が出てしまうため、母体の安全を守るためにも大切な処置となります。流産“手術”といってもお腹を切るわけではなく、ラミナリアという器具で子宮口を開き、半日ほど時間を置いてから麻酔下で子宮の内容物を掻把(そうは)する処置を受けます。ラミナリアは多少痛みを伴う場合がありますが、手術自体は眠っている状態で行われるため、目が覚めた時にはすべての処置は終わっています。

 

日帰り手術と入院手術

流産の手術には、日帰り手術と入院手術の2通りがあります。日帰り手術の場合は、その日の朝に入院し、午前中からラミナリアの処置を受け、昼過ぎに掻把手術を行った後、夕方まで休んでから退院する……というスケジュールが多いようです。入院手術の場合は、手術前日に入院した後、日帰り手術と同様の行程で手術を行う形となります。日帰りか入院かの選択は、手術を受ける人の体調や状況、病院・クリニックの方針によっても異なりますので、詳しいことはかかりつけの医師や看護師に確認してみると良いでしょう。手術といっても、必ずしも入院が必要なわけではないということをご理解いただければと思います。

 

手術後に気をつけること

簡単な手術とはいえ、流産の手術は体にダメージを与えます。手術をした直後から激しい運動をしたり、不摂生な生活を送ったり、妊活をすぐに再開したりすることは、体に良い影響を与えません。下手をすると次の妊娠に悪影響を及ぼす可能性もあります。流産の手術を受けた後は、体が本調子に戻るまで無理をせず、安静を心がけるようにしてください。一般的には、正常な周期の月経が2回来たら、妊活を再開しても良いといわれています。次の妊娠を望む場合は、ひとつの目安としていただければと思います。

 

更新履歴